パセコ(PASECO)ストーブ徹底解剖!人気ストーブアルパカ、ギアミッションとも比較!

  • URL Copied!

こんにちは!ふじこです!

今日は、パセコ(PASECO)の灯油ストーブ、WKH-3100GとCAMP-25ついて書いていきたいと思います!

ふじこ

なーに夏にストーブの記事書いてるの?

ふーう。わかってないなーー!これには理由があります!

そうなんです!これには理由があるんです!なんでこんな夏にストーブの記事を書いているかと言うと・・・

人気のストーブは夏に予約を開始して、冬には購入できない状態になっているものが多いからです!!

あの大人気のフジカハイペットやアルパカストーブ などもこの時期くらいから予約開始していますよね!いやフジカハイペットについてはもはや年単位で待っていますが。笑 冬キャンプを快適に過ごせるかと言うのはこの時期が大切なんです!

では今年日本正規品として日本上陸のPASECO(パセコ)の灯油ストーブを紹介していきたいと思います!

最近よく聞く、今年注目のストーブなので最後までチェックしていってください( ̄▽ ̄)

目次

PASECOってどんなメーカー?

まずPASECOってメーカー聞いたことない方もいるかと思います!ってことでまずPASECOという会社の説明をしていきたいなと思います( ̄▽ ̄)

PASECOとは30年の歴史を持つ韓国の老舗メーカーです!あの皆さんがご存知のヘリノックスともコラボしたことがあるメーカーになります。暖房器具、キッチン用品やキャンプ用品等を取り扱っています!

灯油ストーブは1980年から製造販売していて今ではアジア、中東、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカなど27か国を超える国々へ製品を出しています。

その中でも中東では市場1位のシェアを獲得しているそうで、上場もしている会社となります!今では年間100万台以上の暖房器具を各国へ輸出しています!

日本の会社じゃなくて不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、老舗メーカーだと安心!

もう一つ信頼できる要素があります!

パセコは韓国の証券市場『コスダック』に上場しています!韓国証券取引所ほどではありませんがコスダックに上場するのにも純利益達成等の一般的要件がありそれを達成して上場してます!

信頼を置けそうですね!!

パセコ(PASECO)から出ている灯油ストーブは2つ!

  • WKH-310G
  • CAMP-25

パセコの灯油ストーブは2種類!ひとつずつ紹介していきます!

パセコ(PASECO)ストーブWKH-3100Gってどんなの?


PASECO パセコ 対流型 石油ストーブ WKH-3100G【日本正規品】 キャンプ 灯油ストーブ 石油ストーブ コンパクト 高出力 灯油 ストーブ 石油 ストーブ 小型 ヒーター アウトドア 石油 ストーブ 人気 ブラック ホワイト サンドカラー ベージュ 白 黒
ふじこ

どこかで見たことあるよーな?

アルパカストーブとフジカに似ているね!

アルパカストーブとフジカの間をとったような見た目ですが、スペックや価格などは違ってくるので紹介していきたいと思います!

パセコストーブWKH-3100Gの見た目

油量計にはメモリ付き

出典:PASECO

E(EMPTY)→1/2→F(FULL)と油量計にはメモリがついているので、灯油がなくなる前に補充することが可能です。

韓国のメーカーですが韓国語表記ではないのでわかりやすいですね!

ハンドル、油量計、給油口の位置

出典:PASECO

ハンドル、油量計、給油口の位置が前面に集中しているのでわかりやすいですね!

ハンドルを右に回すと芯の部分が出てくるので、そこに着火するとストーブがつきます。

天板と取手は一体型ではない

出典:PASECO

取手は本体のほうにつながっているので、上の天板(黒い部分)はのっているだけ。簡単に装着できます。

パセコストーブWKH-3100Gの特徴

細かいスペックはこちら

商品名パセコ(WKH-3100G)
暖房出力3.0 kW/h
点火方法手動
燃料タンク容量5.3L
燃焼継続時間約18時間
大きさΦ325×466(mm)
重量5.3 kg
耐震自動消化装置あり
価格16,940円
使用場所屋外専用
出典:PASECO

燃焼継続時間が長い!

魅力的なのは燃焼継続時間が長いこと!!!

燃焼継続時間が12時間以上でしたら、楽々一晩を越せます!

燃料タンク容量が大きい!

5.3Lもあれば、灯油を何回も追加する必要がなくなります。

価格

ケース入れても2万円以内は安いと思います!

パセコストーブWKH-3100Gのデメリット

これだけ機能面抜群のパセコですが日本ではJHIA認証未取得のため屋内での使用は不可になります。

これが少し残念なところ。。

大人気のアルパカストーブ も3年くらいまではJHIAの認証受けていませんでした。みなさんがよく使っているアルパインマスターもJHIAの認証を未取得だそうです!

未取得だから全く信用できないかと言われるとそうでもないですが、認証を受けている方が心理的に安心ですよね。

パセコ(PASECO)ストーブWKH-3100Gとアルパカストーブ比較

左アルパカ製 右パセコ製

今人気の灯油ストーブの両者!どちらにしようかとお悩みの方も多いのではないでしょうか!

両者の違いをまとめてみました!

パセコストーブWKH-3100Gとアルパカストーブ違い

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
暖房出力(燃料消費量)3.0 kW/h(0.295L/h)3.0kW(0.293L/h)
点火方法手動手動
燃料タンク容量5.3L3.7L
燃焼継続時間約18時間約10時間
大きさΦ325×466(mm)350×405(mm)
給油口大きさ約2cm約2cm
重量5.3 kg6.6kg
自動消火装置あり※あり
価格16,940円30,800円〜
使用場所屋外専用屋内、屋外使用可能
  • 重さはパセコがアルパカに比べ1.3kg軽い
  • 高さはパセコの方が5cmほど高い
  • 燃料タンク容量はパセコの方が1.6L大きい
  • 燃焼継続時間はパセコが8時間ほど長い
  • 出力、燃費は同じくらい
  • 価格はアルパカはパセコの倍くらいの値段
  • パセコは屋内使用禁止

暖かさは同じくらい

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
出力3.0kW/h3.0kW/h
燃料消費量0.295L/h0.293L/h

出力が同じなので、暖かさは同じくらいだと言えます。

燃費に関してもそれほど差はないので同じくらいです。

どちらも上にファンをつけたりすると熱の広がり方が変わってくるのでお勧めです。

安全面が違う!

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
保証期間1年1年
JHIA未取得取得
安全装置転倒消火装置耐震消火装置

上でも述べましたが、パセコストーブはJHIA認証未取得なので、日本の高い基準の安全テストをクリアしているのはアルパカストーブの良い点だと思います。

安全装置に関しては両方ついているみたいですが、転倒した際に消火するのか、揺れた時に消火するのかという違いになってきます!

アルパカですと、ストーブの位置を変えるため、ストーブを浮かせて持つだけで消火します!

それを面倒くさく感じる方ですと、パセコくらいの装置でも良さそうですね!

圧倒的値段!!!!!!

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
価格16,940円30,800円〜

おわかりの通り、値段にかなりの差があります。去年はアルパカストーブは2万円以内で購入できましたが、年々値上げしています。

パセコストーブも来年になれば高くなっているかも?です!

燃料タンクの大きさが違うで燃焼継続時間が違う!

パセコアルパカ
重量5.3kg6.6kg
燃料タンク容量5.3L3.7L
燃焼継続時間約18時間約10時間

本体はアルパカに比べ軽いのに、燃料タンク容量が大きいと言うのはなかなか魅力的ですね。寒い冬、外での灯油を継ぎ足す作業はなかなか面倒だったりするので、燃料タンクは大きいに越したことがないでしょう。

カラー展開

アルパカストーブの色はブラックとオリーブドラブ色の2色

一方パセコストーブの色はホワイト、ブラック、サンドベージュの3色展開です。

サンドベージュと表記されていますが、見た目結構黄色いです・・・ベージュお探しの方はご注意ください!

結局どちらがオススメ?

見た目もかっこいいし、出力も申し分なく、値段も安い、パセコストーブWKH-3100Gは私もストーブ持っていなかったら欲しかった。。

結論!コスト重視派はパセコ、安全面派はアルパカですかね!

他のストーブの記事もよかったら参考にしてください!

パセコ(PASECO)ストーブWKH-3100Gの口コミ紹介!

ストーブ上での調理もできたみたいです!天板をとって調理する際は火傷にご注意ください〜!

パセコ(PASECO)ストーブCAMP–25ってどんなの?

お次はCAMP–25です!

気になる見た目はこちら!

ふじこ

アーミーグリーン色めちゃくちゃかっこいい。。。

カラー展開はグリーンとブラックの2色展開。このグリーンに一目惚れして購入された方もいるそう。

困ってる人

がしかしどこかで見たことあるような???

そうだね!アラジンのストーブと似ているからそう思うのかもしれないね!

でもこのストーブアラジンにはないすごい機能があります!!

パセコストーブCAMP-25の見た目

伸び縮み可能

今までのストーブには見ることがなかった驚くべき機能が!

ふじこ

なになに?

今から説明するから焦らないで!!!

キャンプのギアを探すときって車の積載や、使わないときの収納など気になりますよね!できればコンパクトにまとめたいですし、収納場所も場所を取らないところがいい。

ここで驚きの機能ですが、このストーブ伸び縮み可能です!!!!

ふじこ

すごい!面白い!!!

引用:PASECO日本公式ショップ

570〜440まで伸縮可能なストーブは、今まで見たことない機能ですが、あったら嬉しい機能だと思います!

油量計メモリ付き

韓国製品って韓国語で書いてあって、読めないものもありますが英語表記なのでわかりやすい。

緊急消火装置つき

WKH-3100Gは転倒消火装置でしたが、CAMP-25はアルパカストーブなどと同じ耐震自動消火装置がついています。

また緊急消火スイッチもついています!

出典:PASECO

パセコストーブCAMP-25の特徴

パセコストーブCAMP-25の細かいスペックはこちら!

暖房出力6.4kw
点火方法自動点火装置
燃料タンク容量7.0L
燃焼継続時間約10時間
大きさΦ445×440~570
重量11.5kg
耐震自動消火装置あり
価格39,600円
使用場所屋外専用

出力が大きい

まず見ていただきたいのが暖房出力。同じパセコストーブのWKH-3100Gは出力3.0 kW比べCAMP-25は6.4kW桁違いの強さです!すぐに温まること間違いなしですね!

ふじお

CAMP-25ストーブすごいー!

屋外使用専用

もう一つ注意して見て欲しいところが使用場所についてです。

海外では屋内で使用している方も多くいるみたいですが、パセコストーブCAMP-25もJHIAの認証が未取得です!なのでここでは屋外使用専用という風に書いています!

自動点火装置

単2電池を4本使用することで自動で点火をしてくれるので、楽チンです。

パセコストーブCAMP-25のデメリット

JHIA認証未取得

WKH-3100Gと同じに未取得になっています!

パセコストーブCAMP-25とトヨトミギアミッションKS-GE67比較

個人的に見た目がとっても似ていると思った2商品のスペックを比較してみました!

パセコCAMP-25とギアミッションKS-GE67の違い

パセコCAMP-25トヨトミKS-GE67
暖房出力6.4kw6.66kW
点火方法自動点火装置自動点火装置
燃料タンク容量7.0L6.3L
燃焼継続時間約10時間約10時間
サイズΦ445×H440~570W482×H583
重量約11.5kg約11.0kg
耐震自動消火装置ありあり
価格39,600円35,200円
使用場所屋外専用屋内、屋外可能
  • 出力は同じくらい
  • 重量も同じくらい
  • 燃料タンク容量はCAMP-25の方が1.3L大きい
  • 燃焼継続時間も同じ
  • CAMP-25の方が高さ最大14cmコンパクト
  • 重さは一緒くらい
  • CAMP-25の方が値段が約4,000円高い
  • CAMP-25は屋内使用禁止

出力は同じくらい

パセコCAMP-25ギアミッションKS-GE67
燃料出力6.4kw6.66kW
燃料消費量0.65L/h0.647L/h

6.4kWと6.66kWなので出力に関してはあまり差がないので同じくらいの暖かさだと思います。

トヨトミギアミッションKS-GE67はコンクリート24畳、木造戸建て17畳に適用しているそうなので、CAMP-25も同じような暖かさが期待できます。

燃料タンク容量の大きさ

KS-GE67に比べてCAMP-25の方がタンクの大きさが1.3L大きいですが、KS-GE67は二重タンクになっており、万が一転倒した時にもタンク内の灯油が全てこぼれない構造になっているそうです。

定価はギアミッションKS-GE67が安いが•••

定価ですとKS-GE67の方が安いですが、人気のKS-GE67なかなか定価で買えることが難しいです。

フリマサイトやAmazonでは定価以上の値段になっているのがほとんどなので、この値段で買えることはなかなかなく最安値で45,000円ほどです。。。泣

ギアミッションはMade In JAPAN

パセコは韓国のメーカーなのですが、トヨトミは日本のメーカーでギアミッションは日本製になっています。

どちらがオススメ?

手に入りやすさ、コンパクトさを重視するならパセコ、安全面、定価で買える強運だったらトヨトミのギアミッションがオススメです!

パセコ(PASECO)CAMP-25灯油ストーブ口コミ

口コミをまとめてみました!

アーミーグリーンかっこいいギアが好きな方にはたまらないですよね!

すごく暖かそうです!屋外使用&使用方法をしっかり守って使用しましょうね!

PASECO(パセコ)の灯油ストーブまとめ

今年注目のストーブのPASECO(パセコ)のCAMP-25、WKH-3100G灯油ストーブ!どうでしたか?結構魅力的なストーブですね!

我が家もストーブなかったら購入考えていた気がします!

今年の10月に発売で現在予約開始していますので下にリンクを貼っておきます!

それではまた次回の記事で!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる