2022年パセコ(PASECO)ストーブ最新情報!アルパカ、ギアミッションとも比較!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!ふじこです!

今日は、パセコ(PASECO)の灯油ストーブ、WKH-3100GとCAMP-25ついて書いていきたいと思います!

※2022年最新作モデルWKH-3100Sについて追記しました!

ふじこ

なーに夏にストーブの記事書いてるの?!

ふーう。わかってないなーー!これには理由があります!

なんでこんな夏にストーブの記事を書いているかと言うと•••

冬にはもう売り切れしていたりして購入できなかったり、寒くなって購入しようとしても予約購入しかなく、納期が遅くて冬場には間に合わないものが多いからです!!

あの大人気のフジカハイペットやアルパカストーブ などもこの時期くらいから予約開始していますよね!いやフジカハイペットについてはもはや年単位で待っていますが。笑 

冬キャンプを快適に過ごせるかと言うのはこの時期が大切なんです!

と言うことで今年日本正規品として日本上陸のPASECO(パセコ)の灯油ストーブを紹介していきたいと思います!

もう予約販売も開始しているので

こんな方におすすめ!!!
  • ストーブ購入を検討中の方
  • 冬キャンプをしたい/される方
  • パセコストーブが気になっている方
  • 2022年の最新情報どこで購入できるかいつから購入できるのか知りたい方

ぜひ最後までチェックしていってください( ̄▽ ̄)

早めにゲットしておくのがオススメだよ〜!

目次

PASECO(パセコ)ってどんなメーカー?

まずパセコ(PASECO)ってメーカー聞いたことない方もいるかと思います!ってことでまずパセコという会社の説明をしていきたいなと思います( ̄▽ ̄)

パセコとは30年の歴史を持つ韓国の老舗メーカーです!あの皆さんがご存知のヘリノックスともコラボしたことがあるメーカーになります。暖房器具、キッチン用品やキャンプ用品等を取り扱っています!

灯油ストーブは1980年から製造販売していて今ではアジア、中東、北米、南米、ヨーロッパ、アフリカなど27か国を超える国々へ製品を出しています。

その中でも中東では市場1位のシェアを獲得しているそうで、上場もしている会社となります!今では年間100万台以上の暖房器具を各国へ輸出しています!

日本の会社じゃなくて不安という方もいらっしゃるかもしれませんが、老舗メーカーだと安心!

もう一つ信頼できる要素があります!

パセコは韓国の証券市場『コスダック』に上場しています!韓国証券取引所ほどではありませんがコスダックに上場するのにも純利益達成等の一般的要件がありそれを達成して上場してます!

信頼を置けそうですね!!

パセコから出ている灯油ストーブは3つ!

  • WKH-3100S (2022年モデル)
  • WKH-310G
  • CAMP-25

パセコの灯油ストーブは3種類!ひとつずつ紹介していきます!

【2022年モデル】パセコストーブWKH-3100S ってどんなの?

昨年、大人気で販売する度に即完売していたパセコストーブ最新作が登場!!!

2022年最新作モデルは…

【パセコストーブWKH -3100S】です!!

改良されて最新作が出ました!

今年のパセコも大人気間違いなし!!!

昨年購入できなかった人は今年はなんとしてもゲットしたいはず!

そんな2022年最新作モデルのパセコストーブWKH-3100Sを紹介していきます!

↓【hinataストア】2022年8月30日から随時発送中↓

パセコストーブWKH-3100Sの見た目

2022年最新モデルのパセコストーブWKH-3100Sの見た目を見ていきましょう!

引用:hinataストア

✔️油量計にはメモリ付き

✔️天板と取手は一体型ではない

✔️ハンドル、油量計、給油口の位置

(※昨年のモデルと重複してしまうところがあるので少し省略しながら書いていきます)

パセコストーブWKH-3100Sの特徴

✔️燃焼時間が長い

昨年のモデルと同様で18時間です!

✔️燃料タンクが大きい

タンク容量も昨年のモデルと変わらず5.3Lです!

✔️価格が安い

今年も2万円以下で購入することができます!!

昨年のモデルは公式サイトなどでは売り切れになっており、Amazonなどで定価より高いものは購入することはできますが、定価で購入することはできません!

2022年最新モデルは今なら2万円以下で購入することができます!

パセコストーブWKH-3100Sのデメリット

✔️JHIA未取得

今年もJHIA未取得です!日本では屋外使用専用となります!

✔️サンドベージュ色がサンドベージュではない…がしかし

サンドベージュ色は相変わらずイエローっぽい色ですが新色であるタンという色がサンドベージュと似た色なのでこのデメリットは解消されたと言っていいでしょう!

✔️給油口が小さめ

給油口は最新作も小さめです!

給油ポンプなどはしっかり準備しましょう!

パセコストーブWKH-3100Sの特徴とデメリットまとめ

長々と説明しましたのでここらで一旦まとめておきたいと思います!

昨年のモデルとほぼ変わりありません!

良い点
  • 油量計メモリ付き
  • 給油口、ハンドル、油量計が一箇所なので見やすい
  • 燃焼継続時間が長い
  • 出力3.0kW/hなのでワンルームテントなら申し分ない
  • タンク容量が大きい
  • サンドベージュがイエローだが新色が出たのでOK
  • 耐震消火装置付き
  • 値段が2万円以内
悪い点
  1. 屋外専用
  2. JHIA未承認
  3. 給油口が小さい

パセコストーブWKH-3100Sのスペック

パセコストーブWKH-3100S詳しいスペックはこちら!

商品名パセコ(WKH-3100S)
暖房出力3.0 kW/h
点火方法手動
燃料タンク容量5.3L
燃焼継続時間約18時間
大きさΦ325×441(mm)
重量約5.2kg
耐震自動消化装置あり
価格18,999円
使用場所屋外専用
保証期間1年保証
説明書日本語説明書付き
出典:PASECO

パセコストーブWKH-3100SとパセコストーブWKH-3100Gの違い

✔️新色が登場!

新色は太文字で色を変えておきました!

WKH-3100SWKH-3100G
ブラックブラック
サンドサンド
ホワイトホワイト
グレー
タン

一つずつの色をどんな感じなのか貼っておきたいと思います!

ブラック

引用:アマゾン

ホワイト

引用:アマゾン

サンドベージュ

引用:アマゾン

【新色】タン

引用:アマゾン

【新色】グレー

引用:アマゾン
ふじこ

新色のタン、グレーもいい色!

✔️天板への熱の伝わりが早くなった

沸騰までの所要時間が約40%短縮!!

調理などもしやすくなりました!

✔️昨年のものより少しコンパクトになった

昨年のモデルより高さが2.5cm低くなりました!

パセコストーブWKH-3100Sどこでいつから購入できる?

大人気のパセコストーブ

パセコストーブWKH-3100Sがどこでいつから購入できるのか気になりますよね!

ということでどこで購入できるのか紹介していきます!

まずはキャンプといえばというところで皆さんご存知の

【hinataストア】です!

8月30日から順次発送しているそうなので欲しい方は早めの予約を!!

あとは各種ネット通販で購入できます!

パセコストーブWKH-3100Sまとめ

あとはWKH-3100Gの方にアルパカと比べた表などのっていますのでそちらをご覧ください!

専用のケースは別売となりますので皆さん注意して下さい!

↑ストーブ入れとしても使用できます!

パセコストーブWKH-3100Gってどんなの?

ふじこ

どこかで見たことあるよーな?

アルパカストーブとフジカに似ているね!

アルパカストーブとフジカの間をとったような見た目ですが、スペックや価格などは違ってくるので紹介していきたいと思います!

パセコストーブWKH-3100Gの見た目

✔️油量計にはメモリ付き

出典:PASECO

E(EMPTY)→1/2→F(FULL)と油量計にはメモリがついているので、灯油がなくなる前に補充することが可能です。

韓国のメーカーですが韓国語表記ではないのでわかりやすいですね!

✔️ハンドル、油量計、給油口の位置

出典:PASECO

ハンドル、油量計、給油口の位置が前面に集中しているのでわかりやすいですね!

ハンドルを右に回すと芯の部分が出てくるので、そこに着火するとストーブがつきます。

✔️天板と取手は一体型ではない

出典:PASECO

取手は本体のほうにつながっているので、上の天板(黒い部分)はのっているだけ。簡単に装着できます。

パセコストーブWKH-3100Gの特徴

✔️燃焼継続時間が長い!

燃焼継続時間18時間

魅力的なのは燃焼継続時間が長いこと!!!

燃焼継続時間が12時間以上でしたら、楽々一晩を越せます!

✔️燃料タンク容量が大きい!

タンク容量5.3L

5.3Lもあれば、灯油を何回も追加する必要がなくなります。

✔️価格が安い

ケース入れても2万円以内は安いと思います!

ちなみにこんなケースもあります!

パセコストーブWKH-3100Gのデメリット

✔️JHIA未取得

これだけ機能面抜群のパセコですが日本ではJHIA認証未取得のため屋内での使用は不可になります。

これが少し残念なところ。。

大人気のアルパカストーブ も3年くらいまではJHIAの認証受けていませんでした。みなさんがよく使っているアルパインマスターもJHIAの認証を未取得だそうです!

未取得だから全く信用できないかと言われるとそうでもないですが、認証を受けている方が心理的に安心ですよね。

✔️サンドベージュ色がサンドベージュではない

これはサンドベージュ色を買う方には注意して欲しいのですが、サンドベージュ色がほぼイエローです!

一般的なサンドベージュはこのような色ですが、

引用先:https://www.i-iro.com/dic/sand

パセコのサンドベージュ色はこちらになります。ご注意ください!

✔️給油口が小さめ

電動ポンプでの給油は難しいです。手動ポンプや油用ファンネルを購入しておくと良いでしょう!

パセコストーブWKH-3100G特徴まとめ

良い点
  • 油量計メモリ付き
  • 給油口、ハンドル、油量計が一箇所なので見やすい
  • 燃焼継続時間が長い
  • 出力3.0kW/hなのでワンルームテントなら申し分ない
  • タンク容量が大きい
  • 耐震消火装置付き
  • 値段が2万円以内
悪い点
  1. 屋外専用
  2. JHIA未承認
  3. サンドベージュがイエロー
  4. 給油口が小さい

詳しいスペックはこちら!

商品名パセコ(WKH-3100G)
暖房出力3.0 kW/h
点火方法手動
燃料タンク容量5.3L
燃焼継続時間約18時間
大きさΦ325×466(mm)
重量5.3 kg
耐震自動消化装置あり
価格16,940円
使用場所屋外専用
出典:PASECO

パセコストーブWKH-3100G口コミ紹介!

パセコストーブWKH-3100G良い評価

◎温かい!

とにかく自分の周りテント内がとても温かくなり、快適にキャンプをすることができました。そして可愛い…フル入れて一泊でしたがまだまだ余裕がある感じでした。冬キャンプにはこれから必須になりそうです!

◎燃費がいい!

 火力もあるし、タンク容量があるので夜だけの使用なら給油なしで2日もちます。満タンで熱量は中、これで13時間というところです。

◎軽い!

思った以上に軽いです。女性でも持ち上げられました!

パセコストーブWKH-3100G悪い評価

×火力調整が空回り!

火力調整の回るやつが上手く回らず空回りのようになってしまい、何度も何度もぐるぐるぐるぐるしてるとガチッと運良くハマると芯が上に上がだてくるようになっています。自分のやり方が悪いのか、不良品なの分かりませんが、腰が悪い自分にとって屈みごしで何度も何度もぐるぐるする作業がキツすぎました…その点だけが残念ななところでした。

火力調整のハンドルを回す時にダイアル横の穴に指を入れて押しながら回すとちゃんと芯が上がってきます!

×サンドベージュがイエローに近い色!

 サンドベージュというよりマスタードイエローって感じで、予想していた色味とだいぶ違いますが、まあこれはこれで可愛いです!

サンドベージュ色を買う方は注意しましょう!

×臭う

点火後はやはり臭います。おかげで換気をしようと思えるので、それほど悪いことではないかな。

一酸化中毒の恐れも灯油ストーブにはあるので、こまめに換気をすると匂いも予防にもなると思います!

パセコストーブWKH-3100Gおすすめなのはどんな人?

ここまでパセコストーブWKH-3100Gについて口コミや商品紹介をしてきました。

全部を踏まえてパセコストーブWKH-3100Gがおすすめな方はこんな方です。

  • 家ではエアコンやヒーターなどを使用、キャンプ場(屋外)だけでストーブを使いたい方
  • 煙突が出せないテントをお持ちの方
  • 給油をあまりしたくない方
  • 価格を抑えて灯油ストーブが欲しい方

日常使いはできない事からキャンプ専用で、価格を抑えて買いたい!という方におすすめです!

パセコストーブWKH-3100Gとアルパカストーブ比較

左アルパカ製 右パセコ製

それでは今人気の灯油ストーブの両者!どちらにしようかとお悩みの方も多いのではないでしょうか!

両者の違いをまとめてみました!

パセコストーブWKH-3100Gとアルパカストーブ違い

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
暖房出力(燃料消費量)3.0 kW/h(0.295L/h)3.0kW(0.293L/h)
点火方法手動手動
燃料タンク容量5.3L3.7L
燃焼継続時間約18時間約10時間
大きさΦ325×466(mm)350×405(mm)
給油口大きさ約2cm約2cm
重量5.3 kg6.6kg
自動消火装置あり※あり
価格16,940円30,800円〜
使用場所屋外専用屋内、屋外使用可能
  1. 重さはパセコがアルパカに比べ1.3kg軽い
  2. 高さはパセコの方が5cmほど高い
  3. 燃料タンク容量はパセコの方が1.6L大きい
  4. 燃焼継続時間はパセコが8時間ほど長い
  5. 出力、燃費は同じくらい
  6. 価格→アルパカはパセコの倍くらいの値段
  7. パセコは屋内使用禁止

✔️暖かさは同じくらい

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
出力3.0kW/h3.0kW/h
燃料消費量0.295L/h0.293L/h

出力が同じなので、暖かさは同じくらいだと言えます。

燃費に関してもそれほど差はないので同じくらいです。

どちらも上にファンをつけたりすると熱の広がり方が変わってくるのでお勧めです。

✔️安全面が違う!

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
保証期間1年1年
JHIA未取得取得
安全装置転倒消火装置耐震消火装置

上でも述べましたが、パセコストーブはJHIA認証未取得なので、日本の高い基準の安全テストをクリアしているのはアルパカストーブの良い点だと思います。

安全装置に関しては両方ついているみたいですが、転倒した際に消火するのか、揺れた時に消火するのかという違いになってきます!

アルパカですと、ストーブの位置を変えるため、ストーブを浮かせて持つだけで消火します!

それを面倒くさく感じる方ですと、パセコくらいの装置でも良さそうですね!

また、上でも紹介した通り、本体と取手は一体化しておらず、蓋が落ちる可能性もあります!

そんなに頻繁に落ちるものではないと思いますが、熱い時のストーブの移動はしないようにすることがオススメです!

✔️圧倒的値段!!!!!!

パセコ(WKH-3100G)アルパカ
価格16,940円30,800円〜

おわかりの通り、値段にかなりの差があります。アルパカストーブは2020年以前は1万円以内、2020年には2万円以内で購入できましたが、今年2021年は3万円ほどと年々値上げしています。

パセコストーブも来年になれば、JHIAから承認され高くなっているかも?です!

✔️燃料タンクの大きさが違うで燃焼継続時間が違う!

パセコアルパカ
重量5.3kg6.6kg
燃料タンク容量5.3L3.7L
燃焼継続時間約18時間約10時間

本体はアルパカに比べ軽いのに、燃料タンク容量が大きいと言うのはなかなか魅力的ですね。

寒い冬、外での灯油を継ぎ足す作業はなかなか面倒だったりするので、燃料タンクは大きいに越したことがないでしょう。

アルパカですと半日ほどで給油が必要なので、パセコストーブの方が給油回数が減るのは嬉しい!

✔️カラー展開

パセコストーブの色はホワイト、ブラック、サンドベージュの3色展開です。

一方、アルパカストーブの色はブラックとオリーブドラブ色の2色展開です。

個人的にはアルパカストーブのオリーブドラブ色がアーミー感があって好きです!

パセコストーブWKH-3100Gとアルパカストーブ違いまとめ

2つの相違点
  • JHIA未取得or取得
  • 価格
  • 燃料タンクの容量&重さ
  • 燃焼継続時間の長さ
  • 屋内使用ができるかどうか
  • カラー展開

結局パセコストーブWKH-3100Gとアルパカストーブどちらがオススメ?

見た目もかっこいいし、出力も申し分なく、値段も安い、パセコストーブWKH-3100Gは私もストーブ持っていなかったら欲しかったです!

値段を抑えたいけど、あたたかさもしっかり欲しい。そんな方にパセコストーブWKH-3100Gはぴったりなのではないでしょうか!

一方、あたたかさも欲しいけど、安全面も考慮したい方はアルパカストーブがオススメです!

結論!コスト重視派はパセコ、安全面派はアルパカですかね!

他のストーブの記事もよかったら参考にしてください!

パセコストーブCAMP–25ってどんなの?

お次はCAMP–25です!

気になる見た目はこちら!

ふじこ

アーミーグリーン色めちゃくちゃかっこいい。。。

カラー展開はグリーンとブラックの2色展開。このグリーンに一目惚れして購入された方もいるそう。

困ってる人

がしかしどこかで見たことあるような???

そうだね!アラジンのストーブと似ているからそう思うのかもしれないね!

でもこのストーブアラジンにはないすごい機能があります!!

パセコストーブCAMP-25の特徴

✔️伸び縮み可能

今までのストーブには見ることがなかった驚くべき機能が!

ふじこ

なになに?

今から説明するから焦らないで!!!

キャンプのギアを探すときって車の積載や、使わないときの収納など気になりますよね!できればコンパクトにまとめたいですし、収納場所も場所を取らないところがいい。

ここで驚きの機能ですが、このストーブ伸び縮み可能です!!!!

ふじこ

すごい!面白い!!!

引用:PASECO日本公式ショップ

570〜440まで伸縮可能なストーブは、今まで見たことない機能ですが、あったら嬉しい機能だと思います!

✔️油量計メモリ付き

韓国製品って韓国語で書いてあって、読めないものもありますが英語表記なのでわかりやすい。

✔️緊急消火装置つき

WKH-3100Gは転倒消火装置でしたが、CAMP-25はアルパカストーブなどと同じ耐震自動消火装置がついています。

また緊急消火スイッチもついています!

出典:PASECO

✔️出力が大きいため暖かい

暖房出力6.4kw/h

まず見ていただきたいのが暖房出力。同じパセコストーブのWKH-3100Gは出力3.0 kW比べCAMP-25は6.4kW/h桁違いの強さです!すぐに温まること間違いなしですね!

かなり暖かいのでツールームテントでも余裕です!

✔️タンク容量が大きい

燃料タンク容量7.0L

アルパカの2倍ほどのタンク容量がありますね!

✔️自動点火装置

単2電池を4本使用することで自動で点火をしてくれるので、赤いボタンをワンタッチで簡単に点火できます。

パセコストーブCAMP-25のデメリット

✔️屋外使用専用

もう一つ注意して見て欲しいところが使用場所についてです。WKH-3100Gと一緒で屋外専用になっています。

✔️JHIA認証未取得

WKH-3100Gと同じに未取得になっています!

✔️重さは結構ある

重量11.5kg

パセコストーブCAMP-25特徴まとめ

良い点
  • 伸縮可能
  • 出力が大きく暖かい
  • 緊急消火装置つきで安全面に配慮
  • 自動点火装置付き
  • タンク容量大きい
悪い点
  • 屋外専用
  • JHIA未取得
  • 重い

細かいスペックはこちら!

暖房出力6.4kw
点火方法自動点火装置
燃料タンク容量7.0L
燃焼継続時間約10時間
大きさΦ445×440~570
重量11.5kg
耐震自動消火装置あり
価格39,600円
使用場所屋外専用

パセコストーブCAMP-25口コミ紹介!

パセコストーブCAMP-25良い評価

◎最強パワーストーブ!

大型テントに最適!冬のキャンプに最強ストーブ!

◎コンパクト!

色もアーミーグリーンで車に乗せる時にも小さくなるし便利です!!

◎とにかく暖かい!

テント内で使用しましたが、すぐに温まります。富士山の麓でお正月使用しました。一酸化炭素中毒が心配なのでセンサーをぶら下げて使用した方がいいと思います。

パセコストーブCAMP-25悪い評価

×重たい

やや大きく、持ち運ぶにはちょっと大変ですが。暖かさに関しては大満足です。

×灯油の減りが早い

灯油を入れて階段往復したくらいでは漏れはありませんでした。灯油の減りは早いです笑笑

 

出力が大きい分、燃費が激しいようです!

パセコストーブCAMP-25おすすめなのはどんな人?

ここまでパセコストーブCAMP-25について口コミや商品紹介をしてきました。

全部を踏まえてパセコストーブCAMP-25がおすすめな方はこんな方です。

  • 大型テントをお持ちの方
  • 外でのストーブ使用のみの方
  • アルパカストーブの出力じゃ少ない方
  • 2台目購入予定の方
  • 車の積載問題を抱えている方

パセコストーブCAMP-25とトヨトミギアミッションKS-GE67比較

左パセコ製 右トヨトミ製

個人的に見た目がとっても似ていると思った2つの商品のスペックを比較してみました!

パセコCAMP-25とギアミッションKS-GE67の違い

パセコCAMP-25トヨトミKS-GE67
暖房出力6.4kw6.66kW
点火方法自動点火装置自動点火装置
燃料タンク容量7.0L6.3L
燃焼継続時間約10時間約10時間
サイズΦ445×H440~570W482×H583
重量約11.5kg約11.0kg
耐震自動消火装置ありあり
価格39,600円35,200円
使用場所屋外専用屋内、屋外可能
  • 出力は同じくらい
  • 重量も同じくらい
  • 燃料タンク容量はCAMP-25の方が1.3L大きい
  • 燃焼継続時間も同じ
  • CAMP-25の方が高さ最大14cmコンパクト
  • 重さは一緒くらい
  • CAMP-25の方が値段が約4,000円高い
  • CAMP-25は屋内使用禁止

✔️出力は同じくらい

パセコCAMP-25ギアミッションKS-GE67
燃料出力6.4kw6.66kW
燃料消費量0.65L/h0.647L/h

6.4kWと6.66kWなので出力に関してはあまり差がないので同じくらいの暖かさだと思います。

トヨトミギアミッションKS-GE67はコンクリート24畳、木造戸建て17畳に適用しているそうなので、CAMP-25も同じような暖かさが期待できます。

✔️燃料タンク容量の大きさ

KS-GE67に比べてCAMP-25の方がタンクの大きさが1.3L大きいですが、KS-GE67は二重タンクになっており、万が一転倒した時にもタンク内の灯油が全てこぼれない構造になっているそうです。

✔️定価はギアミッションKS-GE67が安いが•••

定価ですとKS-GE67の方が安いですが、人気のKS-GE67なかなか定価で買えることが難しいです。

フリマサイトやAmazonでは定価以上の値段になっているのがほとんどなので、この値段で買えることはなかなかなく最安値で45,000円ほどです。。。泣

✔️ギアミッションはMade In JAPAN

パセコは韓国のメーカーなのですが、トヨトミは日本のメーカーでギアミッションは日本製になっています。

パセコストーブCAMP-25とギアミッションKS-GE67違いまとめ

2つの相違点
  • 燃料タンク容量
  • 屋内が使用できるor屋外専用
  • 生産国
  • 手に入りやすさ
  • 大きさの変更
  • 値段

結局パセコストーブCAMP-25とギアミッションKS-GE67どちらがオススメ?

手に入りやすさ、コンパクトさを重視するならパセコ、安全面、定価で買える強運だったらトヨトミのギアミッションがオススメです!

ギアミッションを手に入れたかったけど、手に入らなかった・・・

そんな方に、出力や燃焼時間、重量など似ているパセコストーブのCAMP-25はオススメだと思います!

パセコの灯油ストーブまとめ

今年注目のストーブのパセコ(PASECO)のWKH-3100GとCAMP-25の灯油ストーブ!どうでしたか?

魅力的なストーブでしたよね?

シンプルなストーブでありながら出力が高かったりとしっかりと冬のキャンプで活躍してくれると思います!

今年の10月に発売で現在予約開始していますので下にリンクを貼っておきます!

それではまた次回の記事で!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次