焚き火シートは必要?安くてオススメの焚き火シートを紹介

  • URLをコピーしました!

こんにちは!ふじおです!

みなさんキャンプで焚火をする際焚火シートって使われていますか?

焚き火シートって値段はピンキリだしいくつか種類があるし選ぶの失敗しそうですよね。。。

初心者の方や今年からキャンプを始めるなんて方は実際焚き火シートって必要なのかな?なんて方も見えるんじゃないでしょうか?

今日は焚き火シートの必要性から焚き火シートの種類、選び方、100円均一の焚き火シートについてそして、オススメの焚き火シートを紹介していきたいと思います!

あとは焚き火シートを忘れてしまった時の対処法なんかも紹介していきたいと思いますので皆さん目次から見たいところに飛んで見ていってください!

それでは説明していくね!!

目次

焚き火シートって必要or不必要???

困ってる人

焚火シートって本当に必要なの?

見た目もちょっと•••てなるし本当に必要なのか、買わずにいる方もいらっしゃると思います。

結論から言うと芝生の上で焚き火台を使用するのであれば絶対に必要です!

焚き火シートは地面、主に芝生を守るために必要なアイテムとなります!いくら焚き火台の上で焚き火をしているとは言え、熱は地面に伝わりますし焚き火台から炭が落ちたりしますよね!

そうする事によって焚き火台の下にある芝生が傷んでしまいます。芝生の管理というのはとても大変なものです!

しっかりマナーを守って芝生を守ろう!

困ってる人

じゃあ、芝生じゃなければいいの?

なんて話になりますよね!基本的に地面が痛まないところ(土や石の上など)ならOKかと思います。

しかし炭で汚れたりなどそんなことが無いようにしましょう!

最近では燃えカスや炭を地面にそのままにして帰るキャンパーもちらほらいます。これはキャンプでのマナー違反となりますので、気をつけましょう!

焚火シートを敷くと、燃えカスなどの片付けも簡単になりますので、基本的にどこで焚き火するにしても焚き火シートを敷くことをお勧めします!

キャンプをするのであれば一枚は焚き火シートを持っておこう!

焚き火シートを使用するメリット

上の必要性のところに書いてしまいましたが焚き火台を使用するメリットは二つあります!

・地面を守ることができる

・片付けが楽になる

この二つです!

キャンプ場のルールを守って焚き火シートが必要な場所であれば地面の保護のために焚き火シートを使用しましょう!

また、焚き火シートが必要で無い場所でも焚火が終わった後の片付けが楽になるので焚火シート使用することをお勧めします

焚き火シートの素材とその違い

焚火シートには、以下のような種類があります。

  • ガラス繊維
  • 耐炎繊維
  • シリカ繊維

3つの種類の違いを表で見ていきましょう!

素材ガラス繊維耐炎繊維シリカ繊維
耐熱約1000℃約250℃約1000℃
硬さ硬い柔らかい硬い
触り心地チクチクするチクチクしないチクチクする
値段安い若干高い若干高い

商品によって異なるけど大体の目安にしてね!

スパッタシート

スパッタシートはガラス繊維の焚き火シートです!

スパッタシート(ガラス繊維)は、断熱性がとても高く焚き火シートに最適です!

鉄工所などの仕事で使用する溶接などの飛び火を受けるのにも使用されているため安心の焚き火シートです。

しかしながらデメリットもあります。

デメリットとして上げられるのは触り心地がチクチクしていることです。

ガラス繊維だとどうしてもチクチクしてしまうものが多いみたいなので軍手や革手などを用意しましょう!

ガラス繊維の中でもこのロゴスの焚き火シートはチクチクしないのでお勧めです!!

カーボンフェルト

他カーボンフェルトは耐炎繊維の焚き火シートです!

カーボンフェルトの焚き火シートは触り心地がとても良く、軽いです!ガラス繊維のものと違いチクチクしたりなんかしません!

デメリットとしては、耐久性が弱いことです。消耗品として割り切って使用するしか無いですね!

焚き火シートの選び方

続いて焚き火シートの選び方です!

いろんな素材があっていろんなブランドのものがあって選ぶのが難しいですよね!

失敗したく無いあなたにどんなところを見たらいいか教えちゃうね!

選ぶポイントは5つあります!それは

  • 大きさ
  • チクチクしないもの
  • ハトメがあってペグで固定できるもの
  • 水洗いできるもの
  • 耐熱温度

①大きさ

焚き火台の下に敷く焚き火シートが焚き火台より小さくてはいけませんしギリギリでもダメです!

焚き火台の約4倍くらいの大きさのものを選んでください!

②チクチクしないもの

ガラス繊維の中でもコーティングされていてチクチクしないものがあります!チクチクするとストレスになるのでチクチクしないものを選びましょう!

③ハトメがあってペグで固定できるもの

風などで焚き火シートがめくれてしまわないようにペグで固定できるものがいいかもしれません!

④水洗いなどができたら最高

炭などで汚れてしまうことが多いので水洗いできるものだといいですね!

⑤耐熱温度

これが一番重要かもしれません!!!耐熱温度をしっかり見ましょう!耐熱温度が低いと芝生を傷めやすいですし耐久性も低くなってしまうので耐熱温度が1000℃くらいあるガラス繊維のものはお勧めです!

オススメの焚き火シート

オススメの焚き火シートを紹介したいと思います!

ロゴス焚き火シート

まずは私が持っているロゴスの焚き火シートです!

この焚き火シートはガラス繊維で約800℃耐えられます!

コーティングもされているのでチクチクしないタイプになっています!

BUNDOK焚き火シート

続いてBUNDOKの焚き火シートです!

カーボンフェルトで少し耐久性は低いですがそれでも耐熱温度は700℃です!

触り心地もいいですし安くてコスパがいいです!

100円均一の焚き火シートは良い?

100円均一にも最近焚き火シートが置いてありますね!

値段安いですし皆さん気になるよね!

100円均一の焚き火シートについて話します!結果から話すと私はあまりオススメできないというのが本音です!

理由としては…

①サイズが小さい

②耐熱温度が低い

上記の二つが理由です!

ソロ用などのの小さい焚火台を使っている方などはサイズが小さくても良いかもしれませんが、大きめの焚火台を使っている方などは避けた方が良さそうです。

また耐熱温度も低いため、あまり効果的ではないのかなと感じます。

他のキャンプギアに比べると、アウトドアブランドのものでも比較的安価で千円代で買えるものが多いため、そちらを選ぶことをオススメします!

焚き火シートを忘れてしまった時の対処法は?

焚き火シート忘れてしまった。という時に厚手のアルミホイルなどを代用する人もいるみたいです!

私自身試したことが無いので確実に代用できますとは言い切れないので、代用する際は焚き火から目を離さないようにしましょう!!

焚き火シートについてまとめ

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

近年キャンプブームでキャンプ人口が増えたせいかキャンパーのマナーがかなり問題視されています!

かなり残念なことです。これではキャンプできる場所や焚火ができる場所がどんどんへていってしまします。

そんな悲しい事にならないようにみんなで守って行こうね!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次