【レビュー】ロゴスの保冷剤を使ってみた感想!寿命はある?何個いる?

  • URLをコピーしました!

こんにちは!ふじおです!

夏のキャンプでの必需品のひとつ「保冷剤」ケーキやアイスを買ったときについてくる保冷剤も使えますが、キャンプでは少し頼りなく、もう少し保冷力があるのが欲しいところ。

氷を買っていってクーラーボックスを冷やしている方もいらっしゃると思いますが、毎回買うとなると経済的ではないし、それに一回溶けちゃうと使い道なくなったりちょっともったいなくないですか?

そんな方にお勧めしたい保冷剤、「ロゴスの保冷剤」について今回は紹介していきたいと思います!

この記事を見て分かること
  • ロゴスの保冷剤ってどういうものか
  • 気になる保冷力を紹介!
  • ロゴス保冷剤の寿命ってどのくらい?
  • 保冷剤ってどこで保管するのがいい?

などご紹介していますのでぜひ最後まで見ていってください!

目次

ロゴスの保冷剤種類は何種類?

ロゴスから出ている保冷剤は大きく分けて2種類あります!

  1. 氷点下パックGT-16°C
  2. 倍速氷結・氷点下パック

この2つがあります。それぞれの種類を紹介していきたいと思います!

①氷点下パックGT-16℃

ロゴスの保冷剤で王道のタイプです!ネット通販保冷剤ランキング1位!

種類形状サイズ種類
氷点下パックGT-16°Cソフトタイプ550g
900g
ハードタイプ600g
900g
1200g
氷点下パックGT-16°C・コンパクト丸型ミニハードタイプ80g×2pcs
氷点下パックGT-16°Cソフトタイプ
氷点下パックGT-16°Cハードタイプ
氷点下パックGT-16°Cコンパクト

②倍速氷結・氷点下パック

今注目されているものはこちら!!!

種類形状サイズ種類
倍速氷結・氷点下パックハードタイプM
L
XL
倍速氷結・氷点下パック・コンパクト丸型ミニハードタイプ80g×2pcs
倍速氷結・氷点下パックハードタイプ
倍速氷結・氷点下パックコンパクト

ロゴスの保冷剤種類によってどう違う?ロゴスの保冷剤の選び方!

種類を紹介したところで、それぞれの保冷剤の特徴を紹介していきたいと思います!

同じように見える保冷剤でも意外と違うので、紹介していきたいと思います!

氷点下パックGT -16℃

上でも述べたように氷点下パックGT−16°Cにはソフトタイプとハードタイプがあります!

こちらの二つの違いは容器のみです!中身のゲルはどちらも同じものです。

ソフトタイプとハードタイプは外見が違うよってことだね!!

ハードタイプだと、容器に入っているので、丈夫で落として外側が破けてしまう恐れがありませんし、クーラーボックスの側面や底面に敷くことができるのでキャンプやアウトドアシーンで使う方はハードタイプを選ぶことが多いです!

一方ソフトタイプはポリエチレンの袋に入っており、ハードタイプのものより場所を取らず、形も変えやすいのでクーラーボックスの開いた隙間などに入れるのにぴったりです。

この保冷時の魅力はなんといっても桁違いの保冷力です!その保冷力はなんと一般の保冷剤と比べて8倍ほど違うというところです!!

約7°Cの飲料を7°C以下の温度に保てる時間を一般的な保冷剤と比べたところ、一般保冷剤は45分だったのに比べ、ロゴスの保冷剤は6時間持ちます。

表面の温度は-16°Cほどなので、保冷剤に濡れたタオルを置いていたらパキパキに凍ってしまいました!

ふじお

生魚を保冷剤で挟むとカチコチになってしまうよ!

釣った魚をそのまま凍らせて、鮮度を保つことも可能なので、釣りをする方にもオススメです!

アイスクリームなら約11時間保存可能です。

デメリットとしては、冷凍庫で凍らせるのが36~48時間ほどかかってしまうこと。冷やすのを忘れた!ということがないように、キャンプから帰ってきたらそのまま冷凍庫へ戻しましょう!

また、直径約6.3cmの氷点下パックGT-16℃コンパクトは、予備の保冷剤としての利用にぴったりです!

倍速氷結・氷点下パック

36〜48時間も待ってられないよ、という方にお勧めしたいものが「倍速氷結・氷点下パック」

氷点下パックGT -16℃倍速氷結・氷点下パック
完全氷結時間36〜48時間18〜24時間

この保冷剤は名前の通り完全に氷結するまでの時間が半分ほどになりました!約18〜24時間ほどなのです!

また上の氷点下パックGT -16℃は0°C以下の持続時間が6時間に比べ、倍速氷結・氷点下パックは保冷持続力が約16%もUPしました!

保冷力は一般的な保冷剤の約8倍とキープしながら、凍らせる時間が短くなり、保冷持続力もUPしたこちらの保冷剤は、長い時間保冷が必要なキャンプシーンではかなり活躍しそうですよね!

我が家はこちらを購入しました!

こちらもコンパクトサイズの取り扱いもあります!

小さなクーラーボックスにもピッタリのサイズです!

ロゴスの保冷剤の寿命は?どのくらい?使用期限の目安は?

困っている人

ロゴスの保冷剤の寿命ってどのくらい?

そもそも保冷剤の寿命ですが、何年と定められておらず、基本的に半永久的に使えるそうです!

ただし、ロゴスの保冷剤のゲルには植物系天然高分子素材を主原料としている関係で性能に経年寿命があるみたいです。

保冷剤本体にもメーカーの取説にも○年という表記はなかったのですが、基本的に中身が飛び出したり無くなったりしていなく、ちゃんと冷たさを感じている限りは使用可能になります。性能が低下した際は新しいものを購入してください!

他のメーカーによっては、品質保証期限は1年と目安を設けているものもあるみたいです。

また、ロゴスの保冷剤ではないですが、”長期間同じ保冷剤を使っていると中身が水のような液体みたいに柔らかくシャバシャバになってくる”とSNSで見つけました!

使用期限は定められていませんが、長期間使ったり使用頻度が頻繁だったりするとそのようなことがあるのかもしれませんのでご注意ください。

我が家ではロゴスの保冷剤2年は使用していますがまだまだ余裕の現役です!

ロゴス保冷剤の保管の仕方は?

保冷剤の保管の仕方によって寿命の変化があるのでは?という方も多いはず!

保管方法っとして考えられるのが

  • 冷凍庫での保管
  • 冷蔵庫での保管
  • 常温での保管

この3つの方法だと思います!どの方法でも寿命の差はほぼありません。

しかし直射日光の当たる場所、高温の場所での保管は避けましょう。

ロゴスの保冷剤使用個数の目安は?

そんな保冷力抜群のロゴスの保冷剤ですが、ひとつで大きなクーラーボックス全体を冷やしてくれる!訳ではありません。

クーラーボックスのサイズによって使用個数が変わってきますので、ご自身のクーラーボックスに合った個数を使用しましょう!

クーラーボックスサイズ使用個数目安
9LGT -16℃ハード(600g)×1個 or 倍速氷結パック(M)×1個
12LGT -16℃ハード(900g)×1個 or 倍速氷結パック(L)×1個
16リットGT -16℃ハード(1200g)×1個 or 倍速氷結パック(XL)×1個

我が家はロゴスの倍速氷結・氷点下パックLサイズを2つ、あとはダイソーの保冷剤、ソフトの保冷剤を使っています!

こちらのクーラーボックスなら倍速氷結パックXL×2個、GT-16°Cハード600gをひとつくらいが目安かな!

ロゴスの保冷剤(倍速氷結・氷点下パック)実際に使った感想

我が家では倍速氷結・氷点下パックを購入しました!先日も使用しましたがめちゃくちゃ冷えます!35LのクーラーボックスにLサイズのものを2つ追加しましたがガンガン冷えていました!!

我が家は飲み物用のクーラーボックスにAOクーラーのソフトクーラーボックスを使用しているのですが、そちらのクーラーボックス用に氷点下パックGT -16℃のソフトタイプを購入したいな!と思いました!

ロゴスの保冷剤最強!!

保冷剤に面している食材は凍ってしまうほど冷えてしまうので、お肉などの鮮度が心配なものを入れたり、保冷剤の上に新聞紙やキッチンペーパーを敷いて、あまり冷えて欲しくないものを離して入れたりしました!冷えすぎて困る!なんてゆー方は試してみてくださいね!

ロゴス保冷剤まとめ

いかがでしたか?保冷剤ロゴスの保冷剤買ってよかったです!ロゴスの保冷剤はレビューもかなり高評価でいい意見がかなり多かったです!

保冷剤の中でもかなり有名な商品となるんじゃないでしょうか?値段もそこまで高くないですし長く使用できるなら買うしかないですね( ̄▽ ̄)

それではまた次回の記事で!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる