キャンプで使えるモバイルクーラー !「ここひえ」新旧型比較や口コミ紹介

  • URL Copied!

こんにちは!ふじおです!

毎日毎日暑いですね!梅雨も開けて夏本番です!みなさんキャンプ場で寝るときにテントの中が暑すぎて寝れないなんて思いをしたことはないですか?

せっかくの楽しいキャンプなのに夜寝苦しいなんて嫌!

楽しいキャンプなんだから夜も快適に過ごしたいですね!

今日は夏の夜を快適に過ごさせてくれるそんな商品を紹介していきたいと思います( ̄▽ ̄)

紹介するのはモバイルクーラー「ここひえ」です!

目次

我が家がモバイルクーラーを購入しようとしている経緯

まずなぜこのモバイルクーラーを購入する考えに至ったのかを話していきたいと思います!

最近って夏ほんとに暑いですよね?温暖化のせいか昔に増して温度が上がっているような気がします。こんな暑くなってきたのにクレイモアの扇風機だけで大丈夫なのか?と心配になってきました。笑

自分暑がりだし耐えられないかも。。。

ってことでテント内でモバイルクーラーとクレイモアの扇風機合わせたら最強でしょってことでモバイルクーラーを購入する考えに至りました。

クレイモア扇風機についてはこちら

購入するに至って今情報収集中なんですがモバイルクーラーを探す中でよく名前が出てくるのが「ここひえ」でした!

ってことでせっかく調べたのでここで「ここひえ」を紹介していきたいなと思います!

モバイルクーラー「ここひえ」どこのどんな商品?

ショップジャパンから発売されたコンパクトなモバイルクーラー、自分の周りを冷やしてくれます!持ち運びが簡単でコンセントでも使用できるしモバイルバッテリーでも使用できるキャンプに適した商品となっています!!

この「ここ冷え」は令和元年から発売されており令和2年版、令和3年版と改良を重ねてかなり優秀なモバイルクーラーです!

どんなところが改良されたのか新型旧型との比較やスペック手入れの方法など見ていきたいと思いますのでよかったら最後まで見ていってください!

モバイルクーラー「ここひえ」のスペックと新旧型の比較

では、まずR2版とR3版のスペックをみていきましょう!(R元年版は省きたいと思います。)

それではR2版から表にしていくよーーー!

セット内容本体、防カビフィルター、USBケーブル、ここひえ専用USB電源アダプター、取扱説明書
サイズ本体:約 幅176mm×高さ181mm×奥行き173mm
USBケーブル:約 長さ1.5m
重量約1.03kg
材質ABS樹脂等
風量切替三段階(弱・中・強)
消費電力6W(風量強の時)
タンク容量約600ml
生産国中国製
保証期間1年
値段約6000円

続けてR3版いくよーー!

セット内容本体、USBケーブル、防カビ抗菌フィルター、ここ冷え専用USB電源アダプター、取扱説明書
サイズ本体:約 幅176mm×高さ189mm奥行き173mm
USBケーブル:約 長さ 1.5m
重量本体:約 1.15kg
材質ABS樹脂等
消費電力(風量:4の時)首振り運転時7W
首振り運転なし6W
風量切り替え4段階
タンク容量600ml
電源オフタイマー1・2・4時間
首振り角度約 左右70度
生産国中国製
保証期間1年
値段約9000円

この二つの表を見比べてみてR2とR3で変化した点は…

・首振り機能

・風量調節 3段階→4段階

大きく変わったところはこのくらいですね!

重量はこの首振り機能がついたことにより若干重量が増えました。

モバイルクーラー「ここひえ」の長所

ここひえの良いところを見ていきましょう!

まず電気代とか気になりますよね?めちゃくちゃお財布に優しいんです!1時間の電気代がなんと約0.16円!!めちゃくちゃ安いですよね!1日中つけていても約4円!!!安いですね!!!

風の温度なんかも気になると思います!企業の試験では−12度が最低温度だったようです!十分冷やしてくれそうですね( ̄▽ ̄)

モバイルクーラー「ここひえ」モバイルバッテリーで何時間使える?

モバイルバッテリーで使用するさいどのくらいの時間使えるのでしょうか?気になりますよね!

それを説明する前にモバイルバッテリーで使用するさいに注意して欲しい点が2点ほどあります!

・USBポート、モバイルバッテリーで使用する場合…5Vで1400m A以上供給できるものを使用して下さい!

・連続冷却時間…約9時間(風量1で給水タンク満タン時の連続冷却運転可能時間)

※ここでの連続冷却時間はモバイルバッテリーの力の問題ではなく「ここひえ」がタンク1杯ではこれだけしか冷たい風が出せませんよって言うことです!

なので就寝中なんかに使用したい時は9時間持てばモバイルバッテリーの力は十分ですね!

ではモバイルバッテリーの容量別に連続使用可能時間を見ていきましょう!

モバイルバッテリー容量ここひえの使用可能時間
3000m Ah2.5時間
6000m Ah5時間
9000m Ah7.5時間
12000m Ah10時間

ショップジャパンのQ &Aのに載っていた内容をまとめてみました!

ここひえを外で使うのは難しいと思いますのでテントの中で就寝時などに使用するとして9000m Ahのモバイルバッテリーを持っていくのがオススメです!

少し容量でかいですがそんなお値段しないでこのくらいのもの買えるので携帯の充電とかもしたいと思いますのでこのくらいの容量のものを購入してみてはいかがですか?

気になる使ったみたレビューは?本当に冷える?

困っている人

気になるのは本当に冷えるかどうか•••

ここひえは少し離れた場所はあまり涼しくないという評判が多かったようです。

どうやら30cmくらいの距離で使用する製品なので部屋一帯を涼しくするには不向きだそうです。

水が蒸発する際の気化熱を利用したクーラーなので、使用する場所にピンポイントで冷気を送ってくれ効果的に冷やすクーラーです。

扇風機よりは断然涼しいそうなので、扇風機じゃ物足りない方や、寝る時ようなどに買うと良いかもしれません。

モバイルクーラー「ここひえ」手入れ、フィルター交換時期

続いて手入れ方法についてです!安いものでもないので長く使用したいですよね!丁寧に手入れしていきましょう!

手入れ方法は簡単です!

・フィルターは月に一度程度は水洗いしましょう!!

・二日以上使用しない場合はタンクの水を抜いて半日程度今日運転しフィルターを乾かしましょう!

以上の2点です簡単ですね(^^)

※フィルターを洗う際は水で洗うようにして下さいお湯や洗剤では抗菌性能や給水性能が悪くなります!

続いてフィルターがついてるからにはフィルターの交換時期機になると思いますのでそこも説明していきたいと思います!

これは使用頻度によるそうです!通常だとワンシーズン使用したら交換した方が良いのではと言うことだそうです!

フィルターについてはアマゾンで3000円くらいで購入できます!

若干高いような気もしますが1年に一回なら許せますかね!

モバイルクーラー「ここひえ」まとめ

夏本番を迎えました!テント内を快適にするためにもモバイルクーラーがあった方が良いのではないかと思います!!

扇風機やなんかもあった方がいいよ!!

快適に楽しいキャンプにするために暑さ対策はしっかりしていきましょうね!熱中症なっちゃいましたじゃ嫌な思い出となってしまいますので…

それでは楽しい夏を過ごしましょう!!

それではまた次回の記事でーーーー

夏のキャンプ対策はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる