3つだけ?!初めてのキャンプでの最低限必需品!困らないための持ち物リスト!

  • URL Copied!
ふじこ

こんにちは!外遊びに夢中のふじこです!

キャンプを始める際に何を買ったら良いの?と戸惑う方も多いと思います!

実際ブログ主も何から買おう・・・全部一気に揃えるのにはお金もかかるしなあ・・・と、とても悩みました!

ここでは、キャンプを楽しむための必要最低限の物を紹介したいと思います!

目次

アイテム一覧

・テント・ペグ
・ペグ用ハンマー・寝袋
・マット・室内照明
・グランドシート・ランタン
・テーブル・チェア
・軍手・バーナーor焚火台
・燃料(ガス、薪、炭など)・ナイフorハサミ
・フライパンや鍋などの調理器具・クーラーボックス
・保冷剤・氷
・調味料・ゴミ袋
・キッチンペーパー・ウェットティッシュ
・スポンジ・洗剤
・ライター・ペットボトルの水
・お風呂セット・カトラリー
・お皿

た、たくさんあり過ぎる

こんなかんじですかね!タープに関しては、シェルター付きのテントだったら必要ないかなと思います!

さら地に泊まるとなるとそれなりに物は必要ですね!!!

必要最低限は3アイテムだけ?!?!

とは言っても、キャンプ経験ゼロで始めるのはなかなか大変。。。

ブログ主おすすめとしては、キャンプ好きの友人や家族がいるなら一緒に連れて行ってもらうことが1番良いと思います!

全部揃ってますからね⭐︎その中でも揃えておきたいアイテムはこの3つ!!!!!

1つ目!チェア

  • 座り心地が良いか
  • 持ち運びやすさ
  • 組み立てやすさ
  • 使いやすさ

に注意して選びましょう!

また、自分の用途にあった椅子を選ぶのも良いと思います!

キャンプ用の椅子だけでも種類はかなりあるので悩むと思います!

タイプ別にご紹介!

携行性に優れたチェア

代表的なものは下のヘリノックスですね!

メリット

  • 附属の袋に収納するとリュックにも入り携行性が良い
  • 軽い
  • お洒落なキャンパーさんみんな使っているからおしゃれキャンパーの仲間入りが出来る笑

デメリット

  • お尻重心の座り方になるので長時間座っていると腰が痛い
ふじこ

腰痛持ちのブログ主としては腰が痛く感じました。健康な方は大丈夫だと思います!!

●ロータイプチェア

メリット

  • 腰全く痛くない笑
  • 見た目も可愛い
  • 焚火する際に向いている

デメリット

  • 少し大きいので嵩張る
  • 座る位置が低いので着ていくお洋服によっては汚れてしまう可能性がある
  • 布地が寄れてくる物もある
ふじこ

私は安さでニトリで買いました・・・!お値段以上ニトリ!

●ハイスタイルチェア

メリット

  • 値段が安い
  • 組み立てが簡単(もはや袋から出して開くだけ)

デメリット

  • お尻が沈みがない=腰が楽(また笑)
  • 焚火スタイルには合わない

ロースタイルのキャンプが流行っていることから泊まりのキャンプで使用しているキャンパーさんは少ないかなと感じます!

BBQする際などはとても良いと思います!

2つ目!シュラフ(寝袋)

夏場のキャンプでも、夜の気温は昼間の気温からは想像がつかないくらい冷えることがあります!

なので寝袋は必須アイテムです!寝袋を選ぶ3つのポイントを簡単に紹介しますね!

寝袋の形は封筒型とマミー型の2つのタイプに分かれます。

使い方によって選ぶ方も変わってきます。

封筒型・・・ジッパーが横についており、長方形。
ジッパーを使わずに掛け布団、敷布団としても使用可能なのでファミリー層におすすめです。
マミー型・・・全身をすっぽり包み込んでくれる形です。保湿性が高いです。
コンパクトな物が多いのでソロキャンパーさんやバイクキャンプの方にもおすすめです。

中身

次は、シュラフの中に使われている素材を要チェックしてください!!!

ダウン・・・空気を多く含み保湿性が合成繊維の3倍程度高い。
重量が軽くコンパクトにまとまる。しかし水に弱いため、洗濯は要注意。
登山やバイクでのキャンプなどにおすすめ。
化繊・・・ダウンに比べ比較的に安価な価格で購入でき、水に強く洗濯などのお手入れがしやすい。
しかし重量がダウンに比べ重く、携行性△車で移動のキャンプや車中泊など積載量を気にしない時におすすめ。

温度

寝袋には選ぶときの指標として

  • 快適温度
  • 限界使用温度

があります。快適温度とはこの温度域なら温かく眠れるよという温度の下限です

限界使用温度とは寒いと感じるかもしれませんが、工夫して寝たらギリギリ使用できますよという温度の下限です。

特に注意して見ていただきたいのは限界使用温度です!!!

夏用なら5℃〜10℃ 冬用なら−5℃以下を選ぶと良いと思います!3シーズンですと5℃〜−5℃のものがおすすめです!

3つ目!カトラリー

うん、1番値段も手頃なので買いやすい!手を付けやすいカトラリー!キャンプのご飯を華やかに彩ってくれるアイテムです!

身軽に行くなら使い捨ての箸やスプーンなどを使うのが良いですが、アウトドア好きなら自然や環境に配慮したいところ。。

自分のおうちにあるシルバー製のものを持っていくのも高級感があり良いと思います⭐︎が、、錆びてします恐れもあり、キャンプ地でのお手入れが少々手間となってしまいます。。またステンレスはお値段もする・・・

個人的なおすすめはこちら⭐︎

木製のカトラリー

木の温かみがありキャンプになじむためおすすめです!なんたって映えますよね( ̄▽ ̄)

近頃では100円ショップにも売っているので気軽に買っていただけると思います♪

プラスチック製

家ではゴミの分別をしっかりしてエコに気をつけている方も、キャンプでは劣りがちな方も多いようです・・・

ブログ主が購入したこちらは、割れた際に土に埋めると土に還る物なんです!!!!

色も豊富でそのまま干しておけるネットもついているのでおすすめです⭐︎

キャンプ用品たくさんありますが・・・

いろいろキャンプ道具があっていろいろ悩むと思いますが、自分のお気に入りのアイテムを見つけて、楽しいキャンプにしてくださいね♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる